全圃場の特徴(アピールポイント)

 

  • 安全・安心が第1目標です。手作り液肥(地元産のサトウキビ糖蜜をベースにした発酵肥料)、海藻、木炭、木酢液を使用して、できるだけ無農薬、無化学肥料で栽培管理いたします。
  • バナナの生育状況、圃場の管理状況はライン等で適時お知らせいたします。
  • 各圃場、3種類以上の品種を栽培。余地にパパイヤなども植栽済みです。
  • 圃場の基本的な農作業は運営関係者で実施いたしますが、事前連絡の上、自己責任、安全確保でオーナー等の現地訪問、作業参加、日中の圃場内滞在も出来ます。また、圃場内で更にバナナ本数を増やしたり、会社マーク等のデザインでバナナ苗を配置植栽することも可能です。なお、増株、デザイン植栽などの経費はオーナー負担といたします。
  • 台風災害や塩害、霜害、地震や山火事などでの自然災害、また有害鳥獣被害等については、運営関係者が非常時対策として別の圃場で栽培しているバナナをそのお見舞いとして一部補填するよう努力します。なお、非常時対策圃場も同様に被災した場合は、ご容赦ください。
  • 一定の品質に到達したバナナは順次、オーナーのご希望にそって、次のパターンで発送(クール便)いたします。

①オーナー住所に順次発送します。包装手数料、送料はオーナー別途負担です。

②オーナーの指定する関係者住所リストに沿って順次発送します。

③オーナーが指定する期日(例えば、お盆頃)までの成果品はオーナーが指定する住所に順次発送し、その後は種子島管内の福祉施設等にオーナー名で寄贈する。(包装手数料、送料はオーナー別途負担です)

タイトルとURLをコピーしました